僕の大好きな作品をご紹介!あなたの見たい作品やVOD、動画配信サービスが見つかると嬉しいです!

見たい動画が見つかるブログ

デビルマン

Netflix アニメ 動画レビュー 動画配信サービス

Netflix どうやら始まっちまったようだなデビルマン-Devilman CryBaby-

更新日:

こんにちは、すぱうろです。
どうやら始まっちまったようですね。Netflixで。僕の前にDevilmanを出すとはいい度胸ですよ。僕をどうしたいんですか一体。デビルマンは僕にとってダントツで一番好きな作品です。子供の頃TVアニメで放映されていたデビルマン。緑色に赤いラインの入った、勧善懲悪が当たり前の風潮の世の中、主人公が悪魔。このコンセプトに子供心に何故か惹かれたんです。ウルトラマンや戦隊モノとは何かが全く違うって。

そして小学6年生の時に本屋で立ち読みした漫画のデビルマン。「あれっ、僕の知っているデビルマンじゃない!」まるでTVアニメとは全く違うストーリーに一気に引き込まれました。まだ物心も確かじゃない頃、マジンガーZがボッコボコにやられる話にも怖い怖いと引き込まれました。
そう、永井豪は何かが違うってその頃に感じ取りました。

そしてそんな僕も大人になり、ブックオフが流行しました。もれなく僕もブックオフに立ち寄ると、答え合わせのように永井豪の作品と再び出会うのです。マジンガーZ、魔王ダンテ、ダンテ新曲、バイオレンスジャック、むさぶるように永井豪作品を読み漁りました。全てが複数の側面からの正義を物語にしている。君が今見ている世界の正義って、純粋無垢な全方位から見た本当の正義なのか。君が人に語っている君の正義も誰かに洗脳された君の立場を擁護するためのただの言いわけじゃないのかと。

同じ頃にTSUTAYAもどんどん店舗を増やして行き、アニメ化されたデビルマンやマジンガーZなんかもムキになって視聴したのを覚えています。

そしてたくさんの漫画家がトリビュート作品を出します。ネオデビルマン。そこでは僕の大好きな江川達也も書いていました。彼が何で書いていたか覚えていませんが、Mr.Childrenのヒーローを題材に漫画を描くのですがあれもデビルマンに近い世界観だったと記憶しています。漫画に多くの感動を与えてもらいましたが、デビルマンに関しては子供ながらに考えさせられることが多く、本当に素晴らしい作品だと思っています。きっと幼少の頃からデビルマンとしての素養が僕の中にもあったんだと勝手に共感しています。

実写版の映画もありましたよね

映画のデビルマンもありました。「そうか今出すか」が本音でした。一旦、映画化されると二度と映画化はされないよな。それであればデビルマンはいつ映画化されるのだろう。と思っていましたが時代としては結構早かったですね。あとで見てチープにならなければ良いなと思いながら作品を見ましたが、あれはあれで面白かったと思います。主人公も演出だと思いますが、基本セリフ棒読み、眉毛細っ。まぁ、時代でしょう。美紀ちゃん役を演じていた酒井彩名さんもギャルっぽいですが、まあこれも時代でしょう。

で、今回のデビルマンはどうなの?

今回のDevilman crybaby 結論から言うと、泣けました。結構よくできていたと思います。特に気を使っていたのは、原作のデビルマンを現代風にアレンジしている点です。ヒロインの槇村美樹が自分の思いをSNS(今だとInstagramなんですかね)に書き込むのですが、その反応で一々妬み僻みを書く輩がいます。人気者が良いこと書くと実際そうなんだろうなと胸が痛くなります。こんな細かい描写で人間もそれぞれの正義の違いが浮き彫りになります。そして原作で美紀ちゃんを守ることになるアウトロー集団。現代風にするとラッパーになるんですね。これもとっても良い。ちゃんと現代にトレースされている。温故知新とはこのことですね。原作を知らなければこういう作りには絶対にならないはずです。

一通り出てくるレギュラーデーモン陣

ジンメンって嫌なデーモンですね。どの作品でも出てきますが、本当に気分の悪いやつです。ただ、西洋の悪魔の存在に近いいやらしさを秘めていますね。
妖鳥シレーヌとカイムの愛。これまた考えさせられるものがあります。いずれのデーモンも人間のそういったいやらしい側面をデーモンの姿を借りて表現しているように感じます。

最後に訪れる人と人との争い
この作品はこれに尽きるのだと思います。なんだかんだ言ってハッピーエンド?そうはならないストーリーです。善の象徴である牧村家の人々が次々と殺されてゆきます。人間の心を持った悪魔デビルマンが救っても救っても逆に人間に追い詰められてゆく。味方だったはずの人類が背中から刺してくる。これじゃあ救われないです。そして救いがないストーリーです。

そして主人公の不動明。これって不動明王から取っていますよね。
僕もデビルマンを語る上ではまだまだ勉強が必要ですね。この作品を見て、ダンテ新曲を改めて読みたくなりました。時代も変わり表現の方法もどんどん変わってゆきますが、デビルマンぐらい後世のクリエイターたちにリメイクの自由を委ねているものも少ないと思います。すべての作品をみて感じるのが原作へのリスペクト。永井豪への尊敬の念ではないでしょうか。だから私も安心して新しいデビルマン作品を見ることができます。ぜひ、あなたも見てみてください。おもしろくない場合はきっと予習不足です!僕的に!







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぱうろ

映画大好き、格闘技鑑賞大好き、アニメも結構好きなおっさんです。 大人が見ても面白い動画情報を発信していければと思っています。 Netflix、Amazonプライムビデオ、DAZN、WOWOW、Hulu、dTVを契約中!

オススメ動画配信サービスランキング

数ある動画配信サービスの中で一体どれが一番なのか?独断と偏見によるランキングを作りましたので、是非、ご参考にしていただければ幸いです!

Hulu(フールー)

現在、ゴジラシリーズの殆どが視聴できるのはHuluだけ。人気のDEATH NOTEシリーズや、スター・ウォーズ特集まで盛りだくさん!クラブ・ワールドカップまで見れるんです!今現時点では、圧倒的にオススメです。無料体験期間もありますので、お気軽にお試しください!

WOWOW(ワウワウ)

動画配信サービスの王者と言えばやっぱりWOWOW。手軽な動画配信サービスも増えてきましたが、WOWOWは一度始めるとやめられない魅力が沢山あります。

dTV

2018年のお正月にはdTVがおすすめ!お正月に新着コンテンツが続々配信されます。詳しくはdTV 2018年1月度 お正月 おすすめ作品情報!をご確認ください!

-Netflix, アニメ, 動画レビュー, 動画配信サービス

Copyright© 見たい動画が見つかるブログ , 2019 All Rights Reserved.